フラワースクールで楽しくフラワーアートを学ぼう

フラワースクールでは「生け花」が特に人気

フラワースクールで楽しくフラワーアートを学ぼう

花

フラワースクールに通おう

植物の花や造花を用いて芸術作品を作るフラワーアートは、常に多くの人に人気のジャンルです。同じように、植物の花や造花を用いてお店やライブ会場などを彩るフラワーデザインも人気です。このフラワーアートやフラワーデザインは、フラワースクールに通うことで学ぶことができます。大阪にはいくつものフラワースクールがあり、多くの人がフラワーアート・デザインを学んでいます。趣味のために通う方がほとんどですが、中にはプロのフラワーアーティストやフラワーデザイナーを目指して通っている方もいます。知識と経験を豊富に身につければインストラクターとしての道もあります。年齢層は若い人から高齢の方まで幅広く、誰でも楽しんで学ぶことができるのがフラワーアートの魅力です。日本発祥の「生け花」も、フラワーアートです。新しく趣味を始めたい方や、花に興味がある方、フラワーアーティストを目指したい方は、ぜひフラワースクールに通ってみてはいかがでしょうか。

フラワースクールで学べること

フラワースクールによって学べることは変わりますが、「生け花」、「プリザーブドフラワー」の2つのコースが定番です。「生け花」は、日本発祥のフラワーアートで室町時代に床の間を美しく見せるために始まったといわれています。いくつかの流派があり、流派によって考え方や使われる道具が変わります。生け花には、花材を切るハサミ、花を留める道具、水揚げ用の道具などが必要です。また、「生け花」には花をいける器である花器の存在が欠かせません。いけた花をよりキレイに見せるためだけではなく、花に水を注ぐ役割もあります。「生け花」と並んで人気のコースが、「プリザーブドフラワー」です。プリザーブドフラワーは、英語の「Preserved Flower」が元で、「Preserved」 は「保存」という意味をもちます。生花を特殊液に漬けて水分を抜いたあとにデザインするスタイルのフラワーアートです。見た目は生花と変わらずキレイですが、水分を抜いているため生花よりも長持ちするという特徴があります。結婚式や誕生日のプレゼントにもよく使われ、趣味で始めたとしても様々な場面でプリザーブドフラワーのスキルを活かすことができます。生け花とプリザーブドフラワーは、ほとんどのフラワースクールで学ぶことができます。

フラワーアート・デザインを学ぶメリット

フラワーアートを学ぶことで得られる代表的なメリットは3つあります。1つ目のメリットは、バランス感覚や美的センスが磨けることです。様々な種類の花を、無限通りある選択肢の中から最適な解を見つけていくフラワーアートは、バランス感覚や美的センスが非常に重要です。生まれつき持った才能で、美しいデザインを作る人もいますが、高い才能を持っていなくても基本を学び経験を積んでいくことでバランス感覚と美的センスは磨くことができます。バランス感覚と美的センスは、フラワーアートだけではなく、出かけるときのファッションや自宅のインテリアなどにも活かすことができます。2つ目のメリットは、心身が癒されることです。花は見ているだけで心が癒やされます。また、植物を見ているとα波が分泌されるといわれ、身体へのリラックス効果もあります。忙しくて余裕がない人も、フラワーアートを学ぶことで心に余裕が生まれることでしょう。3つ目のメリットは、人として成長できることです。例えば、生け花を学ぶときは、歴史や伝統文化を重んじることはもちろんのこと、礼儀や行儀作法、身だしなみも気をつけなければいけません。より高いレベルに到達するには、植物の専門的な知識も勉強する必要があります。このように、「生け花」と一口に言っても、気をつけることや学ぶことは多くあり、学ぶ前よりも人として成長することができます。

広告募集中